社員インタビュー

「お客様のため」に徹すれば、 結果は後からついてくる。

営業 チーフプロデューサー

渋沢 昌義

2013年中途入社

お客様のために、
ちゃんと伝えることの大切さ。


家庭の事情で長野に戻り、当初はグループ会社で勤務していましたが、木楽ホームで新企画を立ち上げる際に社長から「立ち上げの手伝いをしてくれないか」と声をかけていただき、当社に移ることになりました。そこからずっと営業を担当しています。営業と言うと「家を売る仕事」と思われてしまうんですが、「家を売る」ことは、私たちのミッションのほんの一部。家を買うことは人生の目的のための手段でしかなく、まずはちゃんと情報や知識を伝えることが大切だと思っています。だからこそ、お金のことなど現実的な話も正直にお伝えします。背伸びして建てて、後から「建てなきゃよかった」と思ってほしくないんですよ。目先の利益を追わず、お客さんのためになることをしていれば、それがやがて実を結ぶ。そんな強い信念を持って目の前の仕事に取り組んでいます。

最初のお客様と会社の仲間に
本当のありがとうの意味を教わった。


中途で入社して5年が経ちますが、木楽ホームの魅力は本音で向き合うところだと思います。いいところも悪いところもお互いに見せ合えるっていうのが魅力だと思いますし、お互いが一生懸命やっているのがわかるので、お互いの成功や成長を素直に喜び合えます。入社当初に担当したお客様が、まだまだ素人な私にも関わらず信頼してくれことが印象に残っていて。そのお客様は「一生懸命やってくれる姿勢とか、人間として信頼できるので、不安がないと言えば嘘になるけれど、渋沢さんにお願いしたい」と言ってくれたんです。でもこれは本当に会社のみんながバックアップしてくれたおかげで、心からそのお客様と会社の仲間に感謝しましたね。大袈裟ではなく、この時に本当のありがとうの意味を教えてもらった気がしますし、今でもこの体験が私のベースになっています。

世代を超えた
お付き合いを地域で。


営業としての目標は、会社を存続させていくためにも、利益はやはり上げないといけないとも感じています。やれる事を増やす為に利益を上げる必要もあります。ただ、利益が目的になるのではなく、例えば「うちのお父さんお母さんが木楽ホームで家建てたから、僕たちもここで建てよう」というように、世代を超えてずっと会社とお客様がお付き合いできる関係をつくっていきたいんです。さらに言えば、子どもたちが「なんかここの会社の人楽しそうに働いていたな、僕もここで働きたいな」と思えるような、地域の繋がりの一助に私自身なりたいと考えています。そのためにも、まずは知って頂くこと。私たちがどういう思いでどんなお家を提供して、幸せな笑顔をどうやって増やそうとしているかを、よりたくさんの人に知って頂くのが直近の目標です。

一日の流れ

8:00 出勤、資料準備

10:00営業

勉強会やお客さまとの商談(1件2〜3時間程度)。

12:00休憩

簡単に済ませることがほとんどです。

13:00土地調査

お客さまが購入を検討される土地を自分の目で見に行きます。

20:00退勤

その日の事務作業が終わり次第帰宅します。

他の社員インタビュー