社員インタビュー

黒子でありながら 現場をコントロールできる。 それが、監督のおもしろさです。

現場監督

宮下 翼

2011年新卒入社

社長と上司の人柄が、
入社の決め手に。


「やっぱり地元で就職したい!」大学の卒業目前にそう思ったことがこの会社と出逢うひとつのきっかけでした。もともとは東京で教員を目指していた私。卒業後は塾で勤めることが決まっていたんですが、ギリギリで地元がいいなと気づいてしまい、塾の内定を辞退して地元に帰ってきました。ほとんどの企業が採用活動を終えてしまっているなか、「とにかく働かなければ」と求人を探していたところ、見つけたのが木楽ホーム。面接してくれたのが後の上司と社長で、私が少しくだけたことを言ってもノリで返してくれたんですよね。あ、ここなら自然体で働けると思い、入社を決めました。3年くらいは営業をしていたのですが、より深みのある提案をするために現場を知りたいと思い、社長に直談判をして現場監督にしてもらいました。

現場に関わる、すべての人が
気持ちよくいられるように。


現場監督は、黒子です。営業やコーディネーターと現場の大工さんや職人さんの間に立って、お施主さんのイメージを現場で具現化していく。その調整役を担うのが現場監督なんです。いつも心がけているのは、その現場に関わる人みんなが気持ちよくいられるということ。自分の決定ですべてが決まってしまうので責任は大きいですが、裏を返せば、黒子でありながら自分が思うように現場をつくっていけるということ。それが現場監督という仕事の一番の楽しさだと思います。もうひとつ意識していることは、素直で謙虚であること。「監督」という名前からすべてを知って完璧であるべきと思いがちですが、人である以上、時にはミスをしてしまうこともあります。そんなときも素直に誠実に対処していくことが大切だと思います。

友人や家族に「ウチで働かない?」と
声をかけたくなる会社にしたい。


木楽ホームの魅力は、社員一人ひとりがプロとしての自覚を持ちながら、強い絆で結ばれているところ。決してなあなあの関係ではなくて、いい家をつくるという目的を共有した同志だと思っています。時にはケンカもします。でも、みんながそれくらい真剣に仕事に向き合っているということ。すごくいい関係だと思いますよ。私の夢は、社員が友人や家族に「ウチで建てない?」ではなく「ウチで働かない?」と声をかけたくなる環境をつくること。そのためには、新しく入ってきた人が迷わないよう、これまで感覚でやってきたことを一つ一つ見える化していかなければと思っています。また、今は一人が新築もリフォームも外構もメンテナンスもやる、というマルチな働き方になっていますが、より個人の役割を明確に表し、いつ誰が入社しても迷わず働ける環境にしたいですね。

一日の流れ

8:00デスクワーク

事務所で工程管理・品質管理をします。
(出社せず現場へ直行することもあります。)

10:30現場

現場まわり(1件目)。大工さんとスケジュールの確認。

13:00現場

現場まわり(2件目)。イレギュラーで図面作成の依頼をもらう。

15:30帰社

図面作成や発注業務、あとは予算管理を行います。

18:00退勤

デスクワークが終わり次第、退勤します。

他の社員インタビュー